スマホで見る

「友情と裏切り」【2019-11-12更新】 | 調布の不動産のことならサイトーハウジング

  • ブログ 「友情と裏切り」 2019-11-12

    社長が亡くなったあと
    様々な方からいろいろな言葉をかけられました

    本当に素晴らしい人だった
    いつも明るく元気をもらった
    マメな人だった
    仕事も遊びも一生懸命な人だった

    そんな話を聞くと私は嬉しく思いました
    友人をとても大切にする人でした

    実は亡くなる少し前にお金の話をされたことがありました
    誰々にいくら貸している
    仕事もプライベートも含めてのことです

    時代も時代だったので借りているとは聞いたことがありませんでした

    借用書を交わすような貸し方は僅かで
    殆どが信用貸しのような形でした

    金額も数万円から100万円を超える人もいました

    数万円の人は覚えていませんでしたが高額ともなると
    その人の顔に金額を貼り付けて覚えていたものです

    たしか80万円貸していると記憶しておいた人が事務所に来られました
    同業者ではありませんでしたが社長さんです

    社長にはホントに世話になったよ
    彼はそう言ってカウンターに座りタバコを吸い出します

    3ヶ月に一度くらい事務所に来ていたと思います

    ニコニコしながらペコペコしていた記憶があります

    貸していたお金のことかな
    直感的にそう思いました

    私もお世話になりましたと言いながら灰皿をカウンターに置きます

    言いにくいんだけどよ
    オレ金貸してたんだよ
    おたくの社長に

    返済に来たのではなく返して欲しいという話です

    私は社長の話を思い出します
    通信機器の会社を経営していたが資金ショートして困っていたので80万円貸したと

    少し丸い眼鏡をかけていた人だったので数字の8を横にして覚えていました

    借用書も無いし亡くなったから返さなくて良い
    そう考えてしまうのなら
    まだ致し方ないと思う

    借りていたものを貸していたという

    人はこんなにずるくなれるのか
    死人に口なしか

    借用書の無いものは対応しかねます
    キッパリと言いました

    とてもつらい嫌な思いをしました

    こんな話をしてくれた人もいました

    亡くなった社長とおまえさんが肩組んで飲み屋街を歩いているのを見たことがあったよ
    別の日やつに会ったから言ったんだ
    良い番頭ができたなって
    そしたらやつは照れながら
    おう!よろしく頼むぜ!
    って言ってたよ

    亡くなった社長の同級生の話でした

    嬉しかった


    つづく


    ページ作成日 2019-11-12

カレンダー
 << 2020年1月  

店舗紹介

店舗写真

サイトーハウジング東京都調布市布田1-21-4
TEL :042-499-2231
FAX : 042-499-3569
営業時間 : 10:00~18:00
定休日 : 毎週水曜日・年末年始

会社概要
アクセス

調布の賃貸物件はサイトーハウジングへ 地域密着の不動産会社として調布の賃貸物件を中心にご紹介しております。サイトーハウジングでは「お客様との末永いお付き合い」をモットーに、本当の意味で満足度の高い生活を送って頂けるようにアドバイスをしております。

TEL 042-499-2231 FAX 042-499-3659

サイトーハウジング