スマホで見る

事務所移転 Part3【2021-01-31更新】 | 調布の不動産のことならサイトーハウジング

  • ブログ「事務所移転 Part3」 2021-01-31


    新たな事務所を駅の近くにもう一つ借りました
    営業部と管理部
    事務所を2カ所に分けたのです

    2カ所の事務所
    距離は徒歩5分です
    そこを行ったり来たりする日々が始まります

    ざっくりと必要経費は倍になりました
    それでは売上は倍になったのか?
    そうはいかないのが世の常です
    すぐに売上に影響せずとも長い目で見て「1+1=2」以上を生むことになる
    と信じて2カ所の事務所を行ったり来たりしたのです

    会社は設立10周年を迎え
    ホテルでパーティーを開催し記念品も配りました
    あえて同業者には声をかけず
    日頃お世話になっている家主さん達を招待しました

    そこで数名の新入社員を紹介し
    新事務所設立も発表し
    サイトーハウジングは新たなステージへ
    と思っていたのです

    不動産業は宅建業法という法律に従って業務を行わなければなりません

    管理部として稼働している事務所では営業活動は出来ません
    契約行為はもちろん物件の紹介や案内もしてはいけないのです
    物件の張り紙もダメです

    お客さんは宅建業法など知りません
    以前にお寄り頂いた方は管理部の事務所にみえることがあります
    事情を説明しながら徒歩5分の営業部の事務所にお連れします
    不動産業として営業許可を得ているのは新事務所だからです

    気持ちの良い天気の日ばかりではありません
    とても寒い日や大雨の日もあります
    お客さんにとってその5分は苦痛な手間でしかないのです

    逆もあります
    営業店へクレームが入ります
    クレーム対応は管理部の仕事です
    営業担当が内容を聞き
    5分離れた管理担当者へ連絡を入れてそのクレームに対処します
    両者手が空いている時にはうまく連携もとれますが
    営業部にとって繁忙期にはこの作業が非常に重い業務となるのです

    営業部 管理部それぞれに責任者を配置しています

    しかし経営者としては業務が順調に進んでいるのかが気になるのです

    営業部で新人に業務を教えながらも管理部がきちんとクレーム対応しているか気になります

    つまり自分がいない事務所が気になって仕方がないのです
    それぞれの責任者を信じて任せていれば良かったのかもしれません

    歩いて5分という距離も遠く感じてきたのです

    これでは自分も仕事に集中できないと感じ始めました

    結果
    全てを現在の事務所である営業部に集約するまで
    さほど時間はかかりませんでした

    2回目の移転となる現在の事務所で15年近く経った今改めて思います

    身の丈に合った事業展開をしていかないと失敗するものだと


    つづく


    ページ作成日 2021-01-31

カレンダー
 << 2021年4月  

店舗紹介

店舗写真

サイトーハウジング東京都調布市布田1-21-4
TEL :042-499-2231
FAX : 042-499-3569
営業時間 : 10:00~18:00
定休日 : 毎週水曜日・年末年始

会社概要
アクセス

調布の賃貸物件はサイトーハウジングへ 地域密着の不動産会社として調布の賃貸物件を中心にご紹介しております。サイトーハウジングでは「お客様との末永いお付き合い」をモットーに、本当の意味で満足度の高い生活を送って頂けるようにアドバイスをしております。

TEL 042-499-2231 FAX 042-499-3659

サイトーハウジング