スマホで見る

消えた浴室【2021-05-18更新】 | 調布の不動産のことならサイトーハウジング

  • ブログ「消えた浴室」 2021-05-18


    その建物は築年数50年近く経っていました
    木造2階建て
    各階2世帯づつの4世帯が生活している古いアパートでした

    ある日のことです
    101号室の方から連絡が入りました
    「部屋でもの凄い音がしたから見に来てくれ」
    ほぼ同時に同じアパートの201号室の入居者からも連絡が入ります
    「よ・・・浴室が消えました・・・」

    意味が解りませんでした

    浴槽を盗まれたということか?
    あんなもん窓から出せないし
    そもそも浴槽盗まれたなんて聞いたこと無いし

    浴室?
    が消えた・・・?

    とにかく急いで現場へ向かいます

    101号室からの連絡「もの凄い音」も気になっていました
    爆発でも起こったのか
    それで浴室が吹っ飛んだということか
    いろいろ考えているうちに現場であるアパートに着きました

    車を降りて建物全体を見渡してみます
    爆発も起こっていないし見た感じは何も異変は感じられません

    201号室へ行ってみます

    部屋の中へ招かれそのまま浴室へ
    扉に手を掛けると入居者が言います
    「気をつけてくださいね」
    「はぁ?」
    恐る恐る扉を引いて開けます
    そこには見慣れた景色とは全く違う見たことも無いスペースが広がっています

    浴槽にお湯を張っていたところ浴室の床が抜けたのです

    これほどキレイに抜けるものなのか?
    まるでエレベーターホールのような「穴」に
    2階の浴室が1階の浴室まで落ちてしまっていたのです

    1階の入居者が浴室にいたとしたら大惨事になっていました

    浴槽にお湯が入っていれば200キロを超える重量を浴室の床は支えているのだということを改めて痛感したのでした

    怪我をされた方はいませんでした
    その後アパートは老朽化を理由に入居者には退室して頂き取り壊されました

    今でこそ浴槽は白かアイボリーが主流ですが昔は鮮やかな色のついた浴槽も珍しくありませんでした

    今でも目に焼き付いているのは
    101号室の浴室で見た
    緑色の浴槽と赤色の浴槽が重なって積まれている不思議な光景なのでした

    つづく




     


    ページ作成日 2021-05-18

カレンダー
 << 2021年10月  

店舗紹介

店舗写真

サイトーハウジング東京都調布市布田1-21-4
TEL :042-499-2231
FAX : 042-499-3569
営業時間 : 10:00~18:00
定休日 : 毎週水曜日・年末年始

会社概要
アクセス

調布の賃貸物件はサイトーハウジングへ 地域密着の不動産会社として調布の賃貸物件を中心にご紹介しております。サイトーハウジングでは「お客様との末永いお付き合い」をモットーに、本当の意味で満足度の高い生活を送って頂けるようにアドバイスをしております。

TEL 042-499-2231 FAX 042-499-3659

サイトーハウジング