スマホで見る

支部旅行でのことなのです【2021-11-16更新】 | 調布の不動産のことならサイトーハウジング

  • ブログ「宅建協会役員になる」支部役員編Part6 2021-11-16


    面白すぎる総務委員長の下で2年間2期目の支部役員です

    ある年の支部旅行での出来事を書いてみます

    観光地を巡り夕方には宿泊先であるホテルに到着
    ゆっくり温泉に浸かった後はお楽しみの宴会です

    美味しい食事にお酒
    カラオケに合わせて踊る方達もいます
    40名程度の参加者で大いに盛り上がりました

    2時間の宴会はあっという間に終了です
    ここまでが我々総務委員会と厚生委員会の仕事です

    2次会は自由です
    ホテル内のカラオケルームで引き続き唄い続ける人
    夜の温泉街へくり出す人
    部屋でマッサージをうけながら眠りにつく人
    再び温泉を満喫する人

    三々五々夜を楽しみます

    総務委員3名で一部屋用意されていたので
    そこに戻りビールを飲みながら反省会と明日の打合せです

    宴会の席次
    挨拶の順番
    乾杯や〆を誰にお願いするか
    等々
    気を遣う宴会であったこともあり
    やっと心置きなく飲める時間になったというのが実感です

    部屋で1時間ほど飲んだあたりで委員長がいないことに気が付きます
    お風呂に行ったものと思い
    自分たちもどうするか話していたところに部屋の電話が鳴り出します

    「ホテルを出たら左へ200メートル位歩いたところに○○といお店がありましたよ」
     委員長からの電話でした

    誘われたのだと認識して2人でそのお店に向かいます

    ドアを開けて店内へ

    委員長はドア横に立っていて
    「こちらです」
    店内へと案内してくれます

    ミラーボールが店中をキラキラ照らしています

    促されるまま席に着くと外国人女性がピタッと着席します
    緑色の焼酎と思われるビンと氷や水が運ばれてきました
    ナッツやチョコレートが入る小皿も目の前に置かれました

    ママさんらしき女性が丁寧に挨拶してきました

    「どうですか 感じの良いお店じゃないですか?」
    委員長はなぜか敬語を使ってこちらに話しかけます

    カウンターにボックスが5つ
    15名から20名程度入るにちょうど良い感じのお店です

    焼酎の水割りがカラカラと置かれました

    委員長は着替えて来たようですが
    我々2人は浴衣にドテラなのです

    再び委員長から
    「本日は大変お疲れ様です」
    との言葉

    このお店は委員長が経営しているお店なのか?
    ママさんは愛人だったりして・・・

    言葉にはせずとも
    同じ考えに至ったと
    われわれ2人は目を合わせます

    そんなことどうでも良いや
    と思いつつ酔いも手伝ってとても楽しくお酒を飲んでいました

    カウンターの端では委員長とママさんが何やら話し込んでいます
    それにしても東京から何百キロも離れた温泉地に愛人がやっているお店があるとは・・・

    30分ほど飲んだあたりでふとカウンターに目をやると
    ちょっと不思議な光景に気が付きました

    ママさんが瓶ビールをすすめています
    それを委員長がペコペコ頭を下げながらグラスを差し出してお酌されています
    さらに不思議なことに
    委員長の差し出すお金をママさんが拒んでいるように見えます
    こちらは3人で来店しているうえ女性も席についています
    お会計2万円と言われても納得の状況なのに
    ママさんは受け取らないというジェスチャーに見えました

    委員長の愛人のお店ではなかったのか?

    しばらくして委員長がこちらに来ました
    「このお店でいかがでしょうか?」
    「そうですか それでは」
    自問自答している委員長に今度は退店を促されます

    僕ら2人はお店の外へ出てきました
    委員長は扉を閉めながらママさんに対して深々と頭を下げ
    「宜しくお願い致します」と元気よく声をかけています

    3人は無言のままホテルへ到着しエレベーターで自分たちの部屋へ向かいます

    僕ら2人としても委員長に全て飲み代を負担させる訳にはいかないと
    「いくらかかりましたか?負担させてくださいよ」と
    それぞれ1万円札を差し出します

    すると
    「2人で2,000円だから良いよ ご馳走するよ」
    とのこと

    それはいくら何でも安すぎる
    そもそも「2人で」ってなんだ?

    実はこういうことだったのです

    宴会後3人で部屋飲みしている時に委員長は着替えて外へ出ました
    適当にお店を見つけて中に入ります
    ママさんを呼んでこう話したそうです

    「私は東京の旅行代理店業者の者です、本日は来月実施予定の団体旅行の下見に幹事さん2名をお連れして2次会に利用できるお店を探しているのです」

    と言って我々に電話を入れたのでした

    私たち2人は団体旅行の幹事という役を知らないうちに担って
    楽しく飲んでいた

    という仕組みだったのです

    「こうやって楽しく遊ぶんだよ!」
    そう言って委員長は高笑いしながら大浴場へ向かってタオルを振り回しながら
    歩いて行ったのでした

    数年後
    委員長と仲の良い同業者さんから
    「あいつは本当に翌月もあの店行ってママさんに本当のこと言って
    お金もちゃんと払ったらしいよ
    旅行の時、君たちがよくやってくれたからご馳走したかったんだと
    そんなやつだよ」

    とても素敵で粋な先輩だと思いました


    つづく
     


    ページ作成日 2021-11-16

カレンダー
 << 2022年6月  

店舗紹介

店舗写真

サイトーハウジング東京都調布市布田1-21-4
TEL :042-499-2231
FAX : 042-499-3569
営業時間 : 10:00~18:00
定休日 : 毎週水曜日・年末年始

会社概要
アクセス

調布の賃貸物件はサイトーハウジングへ 地域密着の不動産会社として調布の賃貸物件を中心にご紹介しております。サイトーハウジングでは「お客様との末永いお付き合い」をモットーに、本当の意味で満足度の高い生活を送って頂けるようにアドバイスをしております。

TEL 042-499-2231 FAX 042-499-3659

サイトーハウジング